ブライン液(水・塩・砂糖)で柔らかくなる!?鶏胸肉のヘルシー甘酢あんかけ

「ダイエット・安い」と魅力がたっぷりの鶏胸肉。

そのような魅力のある鶏胸肉ですが、どうしても「パサパサ」した食感が気になってしまう部分が弱みです。

そこで今回は、鶏胸肉の食感を「パサパサ」から「ふわふわ」にする、「ブライン液」を使ったレシピを紹介します。ブライン液を上手に使えば、鶏モモ肉よりも柔らかくてヘルシーに仕上げることができるため、ぜひ参考にしてみて下さい。

1 Youtubeでブライン液を使ったレシピを解説

 2 ヘルシー甘酢あんかけの材料(4人分)

☆鶏胸肉 500g(2枚)
☆ピーマン 4個
☆玉ねぎ 1個
☆パプリカ(ニンジン) 1個

☆酢豚の素 1パック(めんつゆに黒酢を合わせても美味しいです)
☆片栗粉 大さじ4
☆塩コショウ 適量
☆サラダ油 適量

【ブライン液】
鶏胸肉500g(2枚)に対して
「水200cc・食塩10g・砂糖10g」

※ ジップロックを使用します。

3 ヘルシー甘酢あんかけの作り方

① 鶏胸肉を一口大に切る

② ブライン液(水・塩・砂糖)を調合する

③ 鶏胸肉をブライン液に漬けて、4時間置いておく(お急ぎの場合は30分程度)

④ 漬けている間に野菜を切る(ニンジンは水にさらしてあらかじめレンジ)

⑤ ブライン液を漬けた肉に、片栗粉を振る

⑥ 肉・玉ねぎ・ピーマンとパプリカ(ニンジン)の順番で炒める

⑦ 一度火を止めて味付けをし、再度弱火にかけて完成!

4 ポイント

4-1 お急ぎの方は、漬け時間30分で

ブライン液を使うと4時間で驚くくらい肉が柔らかくなります。しかしお急ぎの方は、30分くらいの漬け時間でも、ある程度であれば肉が柔らかくなります。

4-2 炒めるとき・衣を付けるときは「水分」に注意

ブライン液は、いわば「鶏胸肉に水を吸わせることによって、柔らかくした状態」です。そのため、通常の鶏料理よりも「水分」が沢山出ます。

そのため、炒めるとき・衣を付けるときは水分に気をつけて、フライパンなどにこびり付かないように手早く調理しましょう。

まとめ

今回は「ブライン液」を使ったレシピを紹介しました。

ブライン液を上手に使えば、鶏モモ肉よりも柔らかくてヘルシーに仕上げることができるため、大変おすすめです。材料も「塩・砂糖・水」と、簡単なもので出来るため、ぜひ試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事